お腹痩せをするための予備知識について

痩せたい

女性のほとんどが痩せたいと思っているでしょう。

例えば下っ腹がでてきたので、お腹痩せしたい人や二の腕が太いので細くしたい人、下半身太りで太ももやふくらはぎが気になる人など痩せたい部分は人それぞれです。

 

その中でも一番痩せたいと思うのはお腹でしょう。

お腹が出ているだけで全体的に太って見えますしウエストがないので、スカートをはいても女性らしくは見えません。

 

そこでお腹痩せするための予備知識を紹介いたします。

まず痩せるにはさまざまな方法があります。

 

腹筋

例えば腹筋です。

腹筋を毎日することによって筋肉がつき、身体がぎゅっとしぼられてきます。

腹筋する際に体を左右にねじりながらすると、より効果的でしょう。

 

次に腕立て伏せの姿勢をキープすることです。

腕だけではなくインナーマッスルにきくので、ふっきんにはとても効果的です。

 

このようにお腹痩せするにはさまざまな方法がありますが、お腹が出て見えるのは脂肪がついて太っているだけではなく、姿勢にも問題があるのです。

猫背になってしまうと内臓が下にさがって下っ腹がでてしまうのです。

ですから運動も大切ですが、まずは日々の姿勢を正すことが重要です。

立っているときや歩いているとき、座っているときなど普段なにげなくとっている姿勢を正すことで、自然と体型が改善されていきます。

 

さらに腹筋などの運動をくわえると、より早く痩せることができるでしょう。

お腹痩せするなら、まずは日々の姿勢を正すことから始めてみてはいかがでしょうか??

痩せているのにお腹が出ている理由って?

お腹

痩せているのにお腹が出ている人っていますよね。

全体的に太っている人がお腹が出ているのはわかりますが、見た目はスタイルが良いのにお腹だけが出ている人はギャップがあります。

そういった人ほどお腹にコンプレックスを持っている人が多いのです。

 

痩せている人は二の腕も細く太ももやふくらはぎなども細いので、お腹以外の体の部分には自信がある人がほとんどなのです。

ですから余計にお腹だけでていることがコンプレックスとなってしまうのです。

 

ではなぜお腹だけ出ているのでしょうか??

 

それは普段の姿勢が悪いからです。

例えばテレビを見るとき前のめりになっていたり、携帯をいじってずっと下を向いていたり、ソファや座椅子に座ったりとお腹に力を入れずに毎日を過ごしてはいませんか?

そうすると自然と猫背になってしまいますよね。

その猫背がお腹が出て見える原因なのです。

 

また、猫背で過ごす事によって、腹筋に力をいれることがなくなり、内臓が下へ下がってきてしまうのです。

痩せている人がお腹が出ているのは、脂肪がついて出て見えるのではなく、姿勢に原因があるのです。

 

実際に私も痩せている方ですが、猫背なので下っ腹だけでています。

整体

自分では猫背になっている自覚はなかったのですが、整体へ行って先生から教わりました。

それからは日々の姿勢に気を付けるようになり、歩いている時の姿勢が綺麗になったと言われました。

姿勢を正すことによって女性らしい振る舞い方もできるようになったので、痩せているのにお腹が出ている人は是非姿勢を正すことから初めてみてはいかがでしょうか?